ロゴ
HOME>コラム>歯の健康は食生活も大切!管理栄養士のいる歯科に行こう

歯の健康は食生活も大切!管理栄養士のいる歯科に行こう

女性

管理栄養士のいる歯科に行くメリット

口腔環境が悪化するのは歯磨きに問題があると考えるかもしれませんが、日々の食生活が大きく関係しているケースが多いです。例えば柔らかいものばかり食べていると歯垢が付着しやすくなり、歯石沈着の原因となります。歯周病の原因となるので硬い食べ物もしっかりと食べる必要があるわけです。勝どきの歯科には管理栄養士が常駐しているところもあり、カルシウムやビタミンD・タンパク質を多く含んでいる食品の提案などをしてくれます。歯を鍛えるためには噛みごたえのある食材を毎日食べるのが好ましく、繊維質が含まれたものがおすすめです。噛むことは顎の健康につながりますし、左右バランスよく噛むことで肩こり・偏頭痛などを解消できるケースもあります。

女性

虫歯や歯周病になりやすい食べ物の特徴

虫歯や歯周病を予防するためには、これらのリスクを軽減できる食べ物を積極的に食べることが大切です。チョコレートやキャラメル、ケーキなどは虫歯・歯周病の原因になりやすいです。甘いものは口内で酸になることで歯を溶かしてしまうので、食べたあとは歯磨き・うがいをするのがよいでしょう。歯に張り付きやすい食べ物全般は虫歯・歯周病のリスクとなり、代表的なものはキャラメルです。キシリトールが配合されているお菓子は虫歯予防を意識して作られているので、毎日食べても歯質に悪影響を与えることはありません。お菓子以外でも柔らかい食べ物は歯に付きやすいので口腔環境を悪化させます。歯垢が付きやすいと感じたら、食生活を見直すことで改善できる場合があります。勝どきの歯科選びでは管理栄養士が在籍するクリニックがおすすめで、食生活のアドバイスをしてくれるので安心です。